【レビュー】フィリップス・ソニックケアーダイアモンドクリーン9000充電式電動歯ブラシ

記事には広告リンクをふくみます。
フィリップスソニッケアーダイアモンドクリーン9000

この記事は、フィリップス社人気の電動歯ブラシ『ソニッケアーダイヤモンドクリーン9000 HX9911/67』のレビューです。

繊細ちゃん

購入したのはこちらです♪

Philips(フィリップス)
¥37,374 (2024/05/22 15:26時点 | Amazon調べ)
\最大10%ポイントアップ!/
Amazon
\ポイント最大11倍!/
楽天市場
もくじ

【結論】機能は充実。使いやすさ・磨きやすさが魅力

フィリップス電動歯ブラシ

フィリップス・ソニッケアーダイアモンドクリーン9000を購入した理由は、ほしい機能がしっかり搭載されていて、

舌磨きモードはなしなど、余計な機能はついていないといったバランスの良さが決め手になりました。

ソニッケアーは毎年のように新しいモデルが出ていて混乱しやすいですが、こちらのモデルは「とにかく歯をキレイに磨ければOK」という方におすすめ。

ダイアモンドクリーンは、4段階のモード搭載&3段階の強さ調節といった磨き機能のバリエーションが充実していています。

フィリップス音波ブラシ

重さもそこそこで、約3分間疲れることなくしっかり使えますし、磨き上がりはツルツル。

すぐれた歯垢除去力がありながら、歯茎は痛くならず負担のかかっていない点も満足です。

Philips(フィリップス)
¥37,374 (2024/05/22 15:26時点 | Amazon調べ)
\最大10%ポイントアップ!/
Amazon
\ポイント最大11倍!/
楽天市場

懸念していたのは充電方法

ダイヤモンドクリーン歯ブラシ充電中

一方で、ちょっと気になっていたのが充電方法

このモデルは、付属の充電スタンドに専用の透明グラスをセットし、そのなかに本体を入れるといった充電方法です。

とってもおしゃれで便利なのですが、「場所をとらないか??」「安定感はちゃんとあるのか??」

といった点が気になっていました。

しかし、そこは天下のフィリップスさん。

グラスは重たすぎず軽すぎず、ちゃんと安定しているし、入れたの気の『ピピッ』という電子音でちゃんと充電されているのも分かりやすい。

また意外とスリムで、むしろ選んでよかったポイントのひとつです。

フィリップスソニッケアーダイアモンドクリーン充電スタンドとグラス
フィリップスソニッケアー充電器

もし、もう一度フィリップス社の製品を買うならこのグラス充電式から選びたいくらい気に入ってます。

Philips(フィリップス)
¥37,374 (2024/05/22 15:26時点 | Amazon調べ)
\最大10%ポイントアップ!/
Amazon
\ポイント最大11倍!/
楽天市場

交換ブラシのコスパは?ドルツとの比較

フィリップス・プレミアムオールインワン交換ブラシ

付属のブラシヘッドは、みため大きく感じるのですが、振動数が細かいためか磨き残しや歯茎を痛めている感じもなく、使いやすいです。

ブラシヘッドは約3ヶ月で交換が必要で、

ダイヤモンドクリーン9000には『プレミアムオールインワン』というブラシが1本ついてきます。

このブラシは「歯垢除去・歯茎ケア・ステイン除去」といった3つのお悩みをすべて解消することを目的とした、最もスタンダードなモデル。

価格は、3本(9ヶ月)で4,000〜5,000円くらい。つまり1本(3ヶ月)で約1,500円です。

交換ブラシには約10種類のバリエーションがあるのですが、価格はどれも3本・4,000円前後で大差はありません。

Philips(フィリップス)
¥4,655 (2024/05/22 18:12時点 | Amazon調べ)
\最大10%ポイントアップ!/
Amazon
\ポイント最大11倍!/
楽天市場

ちなみに、よく比較される『パナソニック・ドルツ』の交換ブラシは、一般的なモデル『トータルケアブラシ』だと2本で1,000円以下

ソニッケアーと同じく3ヶ月交換が推奨されているので、1本(3ヶ月)で500円程度となりコスパはドルツに軍配です。

パナソニック(Panasonic)
¥34,000 (2024/05/22 19:45時点 | Amazon調べ)
\最大10%ポイントアップ!/
Amazon
\ポイント最大11倍!/
楽天市場
パナソニック(Panasonic)
¥927 (2024/05/22 20:36時点 | Amazon調べ)
\最大10%ポイントアップ!/
Amazon
\ポイント最大11倍!/
楽天市場

USBトラベルケースは意外といい◎

フィリップス電動歯ブラシトラベルケース
USBトラベルケースに入れた状態

通常グラスに入れるだけの充電ですが、こちらのモデルにはプラスでUSB充電トラベルケースが付いてきます。

トラベルケースはその名の通り、旅先で持ち運べる充電ケース。

ケースの底にUSBコードがつながっていて、歯ブラシを入れたまま、パソコンなどに接続して充電することが可能です。

まだ持ち運び用として使用したことはないですが、ケース自体はしっかりしていてそこまで重くもなく、これなら旅行時に持っていけるかも。

Philips(フィリップス)
¥37,374 (2024/05/22 15:26時点 | Amazon調べ)
\最大10%ポイントアップ!/
Amazon
\ポイント最大11倍!/
楽天市場

最上位モデル『9900プレステージ』との比較

2024年5月現在、フィリップスの電動歯ブラシのなかで最上位モデルは『9900プレステージ』。

紹介したダイヤモンドクリーンとの大きな違いは2点です。

  • 舌磨きブラシヘッド付き
  • 「センシティブモード」・「舌磨きモード搭載」の、合計6つの磨きモード

紹介している『ダイヤモンドクリーン9000』に舌磨き機能はついていません。よって舌磨きブラシもついてなく、磨きモードは4つです。

しかしそのメリットを除けば、振動数は同じ毎分約31,000回、どちらもアプリ連携可能なので、大きな差はありません。

これらにメリットを感じないようなら、下位モデルでも十分満足できると思います。

ダイヤモンドクリーン9000 HX9911/679900プレステージ
HX9992/21
本体保証2年保証2年保証
付属のブラシヘッド・プレミアムオールインワンブラシヘッド・プレミアムオールインワンブラシヘッド
・舌磨きブラシヘッド
BluetoothPhilips Sonicare アプリに接続Philips Sonicare アプリに接続
ブラシ振動数約31,000ブラシストローク/分約31,000ブラシストローク/分
ブラッシングモードクリーンモード(2分)、ホワイトプラスモード(2分40秒)、ディープクリーンモード(3分)、ガムヘルスモード(3分20秒)クリーンモード(2分)、ホワイトプラスモード(2分40秒)、ディープクリーンモード(3分)、ガムヘルスモード(3分20秒)、センシティブモード(2分)、舌磨きモード(20秒)
バッテリーリチウムイオンバッテリー(充電式)リチウムイオンバッテリー(充電式)
使用時間14日間2週間以上
繊細ちゃん

もちろん、アプリに接続しなくても使えます。

Philips(フィリップス)
¥56,067 (2024/05/23 14:42時点 | Amazon調べ)
\最大10%ポイントアップ!/
Amazon
\ポイント最大11倍!/
楽天市場
Philips(フィリップス)
¥37,374 (2024/05/22 15:26時点 | Amazon調べ)
\最大10%ポイントアップ!/
Amazon
\ポイント最大11倍!/
楽天市場

まとめ:価格以外に欠点が見当たらないダイヤモンドクリーン9000

フィリップスソニッケアーダイアモンドクリーン9000

フィリップスの電動歯ブラシ『ダイヤモンドクリーン9000 HX9911/67』のレビューでした。

欲しい機能はしっかり付いているけど、余計な機能はなしといったバランスの良さが最大のメリット。

磨き心地・充電方法・重さどれをとっても大変満足です。

本体価格、さらには替えブラシの価格を考えるとコスパはいいとは言えませんが、

本体は2年保証、長く歯の健康を考えれば価値ある投資です。

Philips(フィリップス)
¥37,374 (2024/05/22 15:26時点 | Amazon調べ)
\最大10%ポイントアップ!/
Amazon
\ポイント最大11倍!/
楽天市場
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
もくじ